> ADAMOSとは[理事長挨拶]

理事長挨拶

日々診療に携わっておられる先生方は、医療廃棄物を適正に処理すべきことは良くご理解頂いていることと思います。しかしながら医療廃棄物を処理するに当たり、その基本法となっている廃棄物処理法は、大変難解な法律で専門外の先生方にとってこれに則り適正に処理するのは、甚だ困難なことといわざるを得ません。

現在、医療廃棄物の処理は、現実には専門の業者に委託をせざるを得ませんが、そこには大きな問題が存在します。それは、現行の廃棄物処理法の基本的な考え方の「排出事業者責任」という考え方です。

これは医療廃棄物を含める産業廃棄物は、不法投棄された場合、その現状復帰の責任は医療機関等の排出事業者に存在するという考え方で、不法投棄が認定されると経済的負担は莫大なものとなる場合が出てまいります。そしてそれは、改訂の度毎に厳しいものとなってきております。

優良な処理業者が対応していれば幸いですが、医療機関の側からみれば、どの処理業者が優良かはなかなか分かりません。

当機構は、先生方のそのようなニーズにお応えすべく、環境省や第三者評価(東京都)などで高評価の確立した超優良処理業者とパートナーとなっていただきます。

そしてお預かりした廃棄物は、当機構で開発した安価な廃棄物移送監視システム(トレーサビリティシステム、追跡システム)に載せて、収集に始まり中間処理から最終処分まで、その経路は透明性が高く、必要な時にいつでも把握できるようにさせていただいております。さらに万が一の備えとして、不幸にも排出事業者責任の生じた場合を想定して排出事業者責任保険(廃棄物保険)が自動的に機能するシステムを設置しております。

どうか先生方には旧来の廃棄物処理とは一味違った当機構のハイクオリティ、かつ先進的な処理システムにご加入いただき、共に不法投棄撲滅の目的に向かいご協力賜れば幸甚です。

一般社団法人 医療廃棄物適正処理推進機構 理事長
田島知行
田島知行

理事長 田島知行

医療法人社団 市川クリニック理事長兼任院長

 

略歴

昭和18年 千葉県出身

昭和43年 慶応義塾大学医学部卒業

昭和47年 同大学院終了

昭和50〜59年 東海大学医学部専任講師

昭和52年 市川クリニック設立・院長就任

医学博士

元千葉県医師会理事

元日本医師会常任理事

(日本医師会での担当は薬事一般、広報、医療廃棄物、母子保健)

現在

日本透析医学会認定医

千葉県透析医会役員

千葉県医師会顧問

日本透析医会 医療廃棄物対策部会委員

専門

病理学、内科、血液透析

目的と意義

(1)目的
・医療廃棄物の適正処理を広めることを推進し、国民及び医療業界に対し社会貢献することを目的とする。

(2)活動内容
・医療廃棄物処理におけるトレーザビリティーシステム普及支援活動
  • 医療廃棄物トレーサビリティーシステムの普及
  • 医療貢献ポータルサイトの開発および運営
  • ポータルサイトを利用した広告
  • 排出事業者に優良処分事業者を紹介
  • 医療廃棄物に関する情報を提供
  • 医療廃棄物適正処理の教育および指導
  • 医療廃棄物管理システムに関するコンサルティング
  • 医療廃棄物適正管理および処理事業者の表彰

事業の仕組み

事業の仕組み